一時優先キーとは?

オートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する手段として、今まで何回かに分けてショートカットキーを紹介してきました。

どんな特徴があって、どういうシーンで有利なのか、具体的な設定方法はどんな手順なのか。

これである程度はショートカットキーについての知識は深くなったはず。

なかなか便利な機能ですから、自分の操作スタイルを少しだけ見直して、採用を検討してみることをお勧めします。

もちろん、全部の操作をショートカットキーにするとか、そういう極端な使い方ではなく、バランスが大事です。

今までしつこいくらい同じ事を書いていますが、それぞれのやり方の良いところだけを選んで使えば良いんです。

さて……

キーボードを使った操作方法については、そろそろ一通り説明が終わったかな、という感じです。

と思ったら、「一時優先キー」が残っていたので、今回からは一時優先キーについての説明に入ります。

キーボードを使った操作については、恐らくこれで終わりになるんじゃないかと思います。

話が大分長くなってますけど、あと少しだけお付き合いお願いします。

この投稿の続きを読む »

ショートカットキーの変更方法-2

ショートカットキーを自分好みに設定する為には、具体的な手順を覚える必要があります。

ということで、前回から「ハッチング編集」コマンドをショートカットキーに割り当てる作業を説明してきました。

「ユーザインターフェイスをカスタマイズ」画面を呼び出し、コマンドを検索してショートカットキーのリストに追加。

ちょっとカタカナが多すぎて、日本語としてどうなの? という気もしますけど、前回はそこまで説明が進みました。

作業としてはあと少しで完了です。

今回はリストに追加したコマンドにショートカットキーを割り当てる手順を紹介していきましょう。

この投稿の続きを読む »

ショートカットキーの変更方法-1

前回はオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズを行う「ユーザインターフェイス」を紹介しました。

カスタマイズというのは1回でビシッと決まることが少ないので、恐らく何度も繰り返し微調整することになります。

少なくとも私の場合はそうでした。

なので、このユーザインターフェイス画面を何度も開いて、色々と設定を変えていくことになると思います。

ある程度自分用の設定が決まれば、その後はそれほど見ることがなくなる画面ですが、それまでには結構時間がかかるはず。

今回はひとまず、オートキャド(AutoCAD)のショートカットキー割り当てを変更するやり方を説明します。

具体的な例があって方が分かりやすいので、ここでは「ハッチング編集」コマンドを「Ctrl+H」に割り当てしてみます。

この投稿の続きを読む »

カスタマイズの具体的な説明

オートキャド(AutoCAD)をより便利に使う為に、ショートカットキーを使いこなす。

単純に操作スピードだけを考えると、この方法が最も効率が良いんじゃないか、と個人的には考えています。

この方法の欠点については前回紹介しましたが、ボタンが押しにくいことがまずは挙げられると思います。

そしてもうひとつ。

これは当たり前すぎて前回はあえて挙げませんでしたが、ショートカットキーの割り当てを全部覚える必要があります。

それぞれのショートカットキーにどんな機能を割り当てているのか、自分で全部覚えておかないといけません。

オートキャド(AutoCAD)の操作をスムーズにする為、どうしても必要なことなので、これは良いですよね。

ボタンをクリックするやり方だって、結局はボタンの配置を覚えることになる訳ですから。

多分条件としては一緒だと思います。

さて、ショートカットキーの欠点についてはこの辺にしておき、今回は具体的な設定方法の説明をしていきます。

画像を交えながら、出来るだけ簡単に説明するつもりですが、少し長くなるかも知れません。

この投稿の続きを読む »

ショートカットキーの使い方提案

オートキャド(AutoCAD)の操作方法として、ショートカットキーの特徴について今まで色々と説明してきました。

自分で色々とコマンドを作れる拡張性の高さと、キーボード入力による操作スピードの速さ。

ショートカットキーはこのバランスが良いので、実際の業務でもかなり重宝するやり方ではないかと思います。

あんまり無茶な組み合わせのショートカットキーを使おうとすると、小指が痛くなってしまうのがネック。

特に女性は手がそれほど大きくない場合が多いですから、「Ctrl」キーと同時に押せるキーには限度があります。

男性だって一回りくらい手が大きいだけなので、何も女性よりも倍以上のキーを押せる訳ではありません。

どちらも多少の差があったとしても、押せるキーの組み合わせに限界があることに変わりはないんです。

そうした物理的な限界をどうすれば良いのか?

ちょっと大げさな表現になってしまいましたが、今回はそのあたりについてもう少しじっくり考えてみることにします。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ