一時優先キーの具体的な設定

前回は一時優先キーの使い道というか、どんなタイミングで使うのか、という具体的な話をしました。

オブジェクトスナップ点を指定する際に使う、という操作方法が、個人的にはお勧めですね。

オートキャド(AutoCAD)の初期設定でも、確かそのような設定になっていたと記憶してます。

なので、オートキャド(AutoCAD)側としても、オブジェクトスナップを指定する際に使うことを想定しているんじゃないかな。

ただ、単純に「オブジェクトスナップで使います」という話だけでは、ちょっと説明が足りません。

定常オブジェクトスナップは設定しないのか。

そんな意見もあると思うので、今回はその使い方をもう少しだけ補足してみたいと思います。

この投稿の続きを読む »

一時優先キーの使い道

オートキャド(AutoCAD)を操作する手段のひとつ、一時優先キーの特徴について今まで幾つか書いてきました。

まずまず便利なんだけど、ちょっとした問題もある。

これは私が一時優先キーに対して持っている感想ですが、どんな機能であっても大なり小なりそういう部分はあります。

どんな操作方法でも、まずは良いところとそうでもない部分を把握しつつ、実務で使っていく。

使う側が出来ることは、これしかありません。

もちろん、オートキャド(AutoCAD)側で機能の改善をしてくれる場合もありますが……

それはもう年単位で待つしかないので、ユーザーとしてはそれに期待をしないで、今ある現状でやりくりしていくんです。

何だかんだと不便な部分について書いていますけど、それ以上に便利な部分もたくさんあります。

今オートキャド(AutoCAD)が持っている機能を使いこなせれば、業務に支障が出ることなどないはず。

そんなスタンスで、様々な使い方を覚えていき、どんなやり方を選ぶのかを考えていけば良いんじゃないかと思ってます。

この投稿の続きを読む »

一時優先キーのデメリット

前回は一時優先キーという機能が持っているメリットについて、私の個人的な感想を交えて書いてみました。

少し地味だったかも。

そんな気もしていますけど、地味に使いやすい機能って、飽きることなくずっと使い続けられるんです。

まあ仕事だから「飽きた」とか言える訳ではないんですけど、呼吸をするのと同じくらいスムーズにコマンドを実行出来るのも大事です。

その域に達することが出来れば、少なくともオートキャド(AutoCAD)の操作でストレスを感じることはありませんから。

何も考えずに操作出来るというのは、結構大事なことなので、ぜひそのレベルを目指してみることをお勧めします。

さて今回は、そんな地味な一時優先キーが持っている欠点についても紹介していきます。

褒め言葉よりも文句の方が長くなりがちですけど……

その機能を使いこなすには、マイナス面をしっかり知っておく必要があるので、決して無駄な話ではありませんよ。

この投稿の続きを読む »

一時優先キーのメリットは?

オートキャド(AutoCAD)が用意している機能の中で、やや地味な印象のある一時優先キー。

その機能をわざわざ使うのは一体どうしてなのか、という話を前回は考えてみました。

今まで何度も似たようなことを書いてますけど、当サイトの基本的なスタンスは「色々な機能の良い所を選んで使う」です。

一時優先キーに少しでも使えそうな部分があるのなら、それを使うのは当然のことだと思います。

ただ、どんなタイミングで使うかが難しい機能でもあるので、今回はもう少し具体的に、その特徴について考えてみます。

なかなか便利な状況もあるし、実際のところはちょっと使いにくいと感じる部分もある。

これが一時優先キーの正直な感想なので、今回はそのあたりの話をしていきましょう。

この投稿の続きを読む »

一時優先キーに使い道はあるか

オートキャド(AutoCAD)の操作方法のひとつである一時優先キーとは、一体どんな機能なのか。

前回はそのあたりについて簡単に説明をしてみましたが、今までの使い方に較べると少しインパクトが弱い気がします。

コマンドを実行する手段とか、そういう分かりやすさが一時優先キーにはあまりないんですよね。

これは書いている私自身が感じることなので、恐らく読んでいる方も同じようなことを考えるのではないかと思います。

それでも引き続き、一時優先キーについての説明を続けていきますが……

今回は、一時優先キーについて説明した時に質問されそうな内容と、その回答について考えてみます。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ