オリジナルツールバーの表示

前回は、自分用のオリジナルツールバーを作成して、そこに任意のコマンドを追加していく手順を説明しました。

どんなコマンドを追加するのかはユーザーの自由で、人によって色々な工夫をすることが出来ます。

そこにカスタマイズの面白さはあると思います。

しかし自分用のオリジナルを構築する前に、まずは基本的な手順を知っておく必要があります。

ということで、まずは一例として、オリジナルツールバーに移動コマンドを追加する手順を紹介しました。

移動コマンドはコマンドエイリアスで実行する方が良いんじゃないか、という意見もあるとは思いますが……

今回はあくまでもツールバーにコマンドを追加する手順の説明なので、どのコマンドを追加するべきかは後で考えましょう。

「どのコマンドを追加すべきか」という話は、実は具体的な手順以上に大事な話になってきます。

なので、このあたりの話はあとでじっくりと書くつもりです。

今回はもう少し具体的な手順の話をすることにして、別のコマンドも幾つか追加してみましょう。


■さらにコマンドを追加

前回までで手順を説明した、移動コマンドを追加した直後の状態はこんな感じになります。

 

移動コマンド追加後

 

これで「OK」をクリックすれば設定は完了ですが、もう少しコマンドを追加してみましょう。

今度は「複写」コマンドと「鏡像」コマンドを検索して、同じ手順でコマンドを追加すると、こんな感じになります。

 

複写と鏡像も追加してみた

 

こうしてどんどん自分で使いたいコマンドを、自分のオリジナルツールバーに入れ込んでいく。

これがツールバーのカスタマイズをする基本的な手順になります。

 

■ツールバーの表示

コマンドの追加手順はこれで問題ないので、ここで「OK」をクリックして、ひとまずこの設定を保存してみましょう。

ただしこれだけでは、先程作成したツールバーがオートキャド(AutoCAD)の画面上に表示されません。

なので、メニューバー内の「ツール-ツールバー-AutoCAD」と辿っていき、作成したツールバーにチェックを入れましょう。

 

ツールバーの表示手順

 

これで、先程作成したツールバーが、オートキャド(AutoCAD)の画面上のどこかに表示されるようになります。

 

オリジナルツールバーの表示

 

上図では、先程追加した「移動」と「複写」と「鏡像」のボタンが配置されたツールバーが表示されているのが分かります。

ただ、この場所ではちょっと作業の邪魔なので、もう少し良い場所に移動する必要がありますが……

その方法については、次回に詳しく説明をしたいと思います、

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ