右クリックの設定をどうするか

図面を描く手順の中で、今どんな作業をしているのかによって、必要なコマンドは色々とあります。

そうしたオートキャド(AutoCAD)のコマンドを、作図中無意識に実行出来るようになる。

これが出来ると操作スピードは劇的に速くなります。

「えーっと、ここで移動コマンドを使うから、このボタンを押して……」みたいな思考が存在しない状態。

もちろんそういうレベルに到達する為には、それなりに長い時間が必要になるとは思います。

でも、そこを目指して頑張る価値は絶対にあると思います。

漠然とオートキャド(AutoCAD)を操作するのではなく、そうした目的を持って仕事に取り組むこと。

これが出来ている人と、出来ていない人の差はかなり大きくなるので、そういう心がけを持つことをお勧めします。

と、メンタルの話ばかりをしても仕方がないので、スムーズな操作の助けになりそうな設定をもう少し。

今回は、マウスの右クリックをどのように扱うのか、というあたりについて考えてみたいと思います。


■マウスの右クリック

オートキャド(AutoCAD)の初期設定では、マウスの右クリックはショートカットメニュー呼び出しになっています。

こんな感じのショートカットメニューが出ます。

 

右クリックによるショートカットメニュー

 

よく見ると、直前に実行したコマンドが「Help」になっていて、ちょっと恥ずかしいですけど……

私は結構積極的にヘルプを使うので、こうなる確率はそれほど低くないような気がします。

とまあそんな話はさておき、ショートカットメニューは結構便利な機能です。

コマンド実行中の場合はこんなメニューが出るとか、コマンド待ちの場合はこんなメニューが出るとか。

場面によってどんなショートカットが出るかを変えてくれるので、適切な選択肢が常に出る感じで良いですよ。

まあ私は古いやり方に慣れ過ぎているので、ショートカットメニューが出ない設定にしていますが。

私みたいに頭が固くない方には、ぜひ試してみて頂きたい機能です。

 

■どちらを優先すべきか

ただし、どんな場合でもショートカットメニューが出るような設定だと、コマンドエイリアスは使いにくくなります。

コマンドエイリアスを使う場合、例えば線を引く場合には「L」を押してから「Enter」になります。

でも、「Enter」を押すよりもマウス右クリックの方が手間は少なくて済み、操作が早くなります。

以前も書きましたが、キーボードを操作するのは利き手とは逆の手で、右利きの場合は左手で操作することになります。

左手だと「Enter」キーが結構遠いので、何度も何度も押すキーとしてあまり適さないんですよね。

だからマウスの右クリックを「Enter」の代わりに使っていく。

ショートカットメニューもなかなか便利なんですけど、全ての便利さを満遍なく味わうのは難しいんです。

コマンドエイリアスをメインに考えると、やはり右クリックは「Enter」として利用する方が良いと私は思います。

右クリックのカスタマイズ方法については、別のカテゴリで細かく説明をしていくつもりです。

今回はコマンドエイリアスの話をどんどん進めましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ