様々な方法の中から

オートキャド(AutoCAD)をカスタマイズするのは、一体どのような理由があるのか。

少し表現が大げさな気もしますが、前回はそんな「そもそも」について考えてみました。

オートキャド(AutoCAD)は図面を描く為の道具。

これは間違いのない事実ですから、同じ道具を使うのならば、出来るだけ効率よく使った方が得に決まってる。

カスタマイズをする最大の理由はそのあたりにあるんじゃないか、と、私は考えています。

もちろん、単純にオートキャド(AutoCAD)をカスタマイズをすればそれで全てOK、という話ではありません。

効率よく業務を進める為の方法を考えていくと、自然とカスタマイズに辿り着く、という順番です。

まずは目的があって、それを実現する為の手段がある。

これを間違えてしまうと、ただ特殊な操作設定にカスタマイズするだけで、実際は使いにくい状態になる場合もあります。

そういう意味では、何の為にカスタマイズをするのか、というのは非常に大事な要素だと言えるでしょう。

この投稿の続きを読む »

汎用CADとカスタマイズ

オートキャド(AutoCAD)をカスタマイズして、少しでも操作がスムーズになることを目指す。

そうして自分がプロとして高い評価を受けるような状況を作っていく、というのがカスタマイズの最終的な目的です。

単純にオートキャド(AutoCAD)をカスタマイズする、という行為自体が目的ではありません。

これは結構大事な事だと思います。

カスタマイズのやり方は非常に幅が広いので、色々な操作を標準設定から変えることが出来ます。

でも、何が何でも標準設定から変えていくのが正解という訳ではなくて、標準設定が良いという場合も結構あるんです。

オートキャド(AutoCAD)を作る側だって、ユーザーのことを考えながらCADを作っている訳ですから。

ユーザーの事を考えた作っていて、標準設定が最低最悪の状態になっているはずがないですよね。

なので、基本的には標準設定で使いながら、もっと良いやり方があるような場合に限ってカスタマイズしていく。

そんなやり方が良いんじゃないかと思います。

この投稿の続きを読む »

カスタマイズがなぜ必要なのか

当サイトでは「オートキャド(AutoCAD)をもっと便利に使う為に、自分でカスタマイズすること」をテーマにしています。

オートキャド(AutoCAD)を自分用にカスタマイズすることで、今までよりも操作がスムーズになる。

そうなると仕事を早く終わらせることが出来るようになって、会社からの評価も高くなる。

カスタマイズの目的は色々とありますけど、一番原始的というか正直な目的はこのあたりにあります。

会社からの評価が高くなるように努力する、とか書くと何だかポイント狙いのイヤな感じがしますよね。

でもどんな仕事もそうだと思いますが、プロとして仕事をする以上は評価されてナンボの世界もある訳です。

そうした世界である程度やっていくのなら、多少は周囲の評価を意識した方が良いんじゃないか。

私はそう思ってます。

ちょっとガツガツした話になってしまいましたけど、仕事関連のスキルを高める目的はそこしかないですからね。

この投稿の続きを読む »

書籍を有効に活用するには

オートキャド(AutoCAD)の操作を解説している書籍を購入し、付録として付いてくる体験版を使ってみる。

前回はそんな話をしましたが、今回はそうしたオートキャド(AutoCAD)の解説本を上手く使う方法について少し書いてみます。

まあこれは少々大げさな表現で、当たり前の話ばかりになるかも知れませんけど、興味のある方はどうぞ。

以前も書いた気がしますが、オートキャド(AutoCAD)の操作効率良く覚える為には、実際に色々なコマンドを試していくのが近道です。

だからこそ体験版のオートキャド(AutoCAD)と、セットになっている解説本をお薦めしているんです。

これらのセットを有効に使い、出来るだけ短い期間の中でオートキャド(AutoCAD)の基本的なコマンドを覚えてしまいましょう。

その際に書籍を利用する訳ですけど、どんな使い方をするのが良いのか、個人的な考えを書いてみます。

この投稿の続きを読む »

オートキャドの書籍を使う

前回はオートキャド(AutoCAD)の操作を自宅で練習する為の手段として、体験版を入手する為の方法を紹介しました。

ダウンロードするだけですから、特に問題なくオートキャド(AutoCAD)の体験版を入手出来ると思います。

ただ、ネット上に住所などを記入することに抵抗を感じる方も、恐らくはいるんじゃないでしょうか。

そういう方の為に、今回はオートキャド(AutoCAD)の体験版を入手する、もうひとつの手段も紹介しておきます。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ