マウスを使う場合の特徴

オートキャド(AutoCAD)の操作方法を選ぶのはユーザーの自由であり、ある程度好みが出るのは自然なことです。

だけど仕事で使う以上は「効率」という言葉から逃げることは出来ず、やり方は完全に自由という訳ではありません。

まあ効率化を目指す事自体は全然悪いことではないですから、そのあたりを気にする必要はないと思いますけど。

せっかくオートキャド(AutoCAD)を使うのなら、効率よくスムーズに使いこなした方が良いですから。

前回は効率よく操作する為に、マウスを使った操作とキーボードを使った操作の「良いとこ取り」をお勧めしました。

自分に合っていて、なおかつ効率の良い操作を実現する為には、それぞれの優れた部分を選別することが必要です。

そして、選別をする為には当然のことですが、それぞれの特徴を掴んでいなければいけません。

ということで……

マウスを使った場合とキーボードを使った場合、それぞれにどんな特徴があるのか。

このあたりを細かく考えていきたいと思います。

この投稿の続きを読む »

やり方は色々あるけれど

あまり具体的な手段などの話をしないまま、「カスタマイズに必要なのは……」みたいな話を結構長いこと続けてきました。

もちろん基本的な考え方というのは大事なんですけど、実際にはそういう能書きだけでは仕事が進みません。

オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズとは、とか言ってるだけで済むような仕事だったら楽なんですけどね。

でも実際には自分の手を動かして、いかに効率よく図面を完成まで持っていくかを考える必要があるんです。

効率よく図面を完成させる為には、出来るだけオートキャド(AutoCAD)をスムーズに使う方が楽。

だから自分の好みに合わせたカスタマイズがあると良い。

そんな流れになるから、当然カスタマイズも単なる理想的な話をするだけでは全くの無意味というものです。

そうならないように、これからもう少し具体的な話をしていくことが出来れば、と思っています。

話が長くてまわりくどいのは、別に引き延ばして書いている訳ではなく、単純な実力不足が原因です。

そんな訳で、長い話も時々あるかも知れませんが、もう少しお付き合い頂けると嬉しいです。

この投稿の続きを読む »

現状を不便と感じるかどうか

どんな事でもまずは基本を押さえてから応用に進んだ方が、長い目で見れば成長は早いです。

だから、多少地味に感じるかも知れないけれど、まずは基本的な知識からしっかりと吸収していくことをお勧めします。

オートキャド(AutoCAD)をより便利に使いこなす為には、カスタマイズが必要不可欠です。

でも、カスタマイズというのは単なる手段なだけで、手段を使う側に「不便を感じる」ことが必要です。

現状を不便だと感じ、それを解決する為に何か良い方法はないか、ということを考えて解決していく。

そうした流れの中で、オートキャド(AutoCAD)は少しずつユーザーの手に馴染んでいくことになります。

まあ実際は「何かもっと楽な方法はないかな……」という感じでヘルプを調べるとか、そういう軽いノリですけどね。

それでも、今の操作方法より効率の良いやり方はないか、と考えることは結構大事なことなんです。

現状の操作に不満を感じず、ある程度満足している人には、今以上に効率の良い操作は出来ませんから。

この投稿の続きを読む »

基本の重要性を考えてみる

オートキャド(AutoCAD)をカスタマイズして、作図などの業務をスムーズに進めていく。

これがカスタマイズをする最大の理由で、これをやるのとやらないのとでは、大きな差が出ると私は思っています。

だからこそ、こうしてサイトを作成して、そこで有益と信じる情報を発信しようと思った訳です。

もちろんそれ以外にも、自分自身が知っている情報を整理して、もう少し磨いてみるという目的もあります。

でもそれはオマケ。

目的はあくまでも、オートキャド(AutoCAD)について詳しく知りたいと思っている方に、役立つ生きた情報を提供することです。

とまあそんな私も個人的な目的はさておき、話をもっと具体的な方向に進めていきましょう。

この投稿の続きを読む »

マウスとキーボードの利用について

オートキャド(AutoCAD)を操作する方法の中で、ボタンを押す操作ををカスタマイズしていく。

前回はそんな話をしましたが、ボタンと一括りに言っても、実際にはもう少し細かく分類されます。

リボンであったりツールバー内のアイコンであったり、もしくはパレットであったりと色々あるんです。

でも、そうした細かい話はもう少し後ですることにして、まずはどんな操作をカスタマイズするのか、大雑把なところから話を進めていきめしょう。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ