コマンドの流れを把握しやすく

前回はコマンドマクロで使える特殊文字の中で、コマンドを実行する為に必要な「Enter」の役割を果たすモノを紹介しました。

「Enter」を押す役割を持つ特殊文字は幾つかありましたが、当サイトでは「;(セミコロン)」をお勧めします。

それはなぜかを以下のサンプルで説明してみます。


^C^C_-LAYER^MS^M0^M^M


上記のコマンドマクロは、現在の画層を強制的に0に変更する機能を持っていて、Enterを「^M」で表現しています。

もちろんこれでもコマンドの流れを追いかけることは出来ますけど、ちょっと分かりにくいというのが正直なところ。

Enterの役割を持つ特殊文字が「^M」と2文字分あるので、その直後にSとかが入って紛らわしいんです。

もちろん紛らわしいからと言って敬遠するのはダメですけど、出来るだけ分かりやすくすることも大事ですよね。

今回は、上記のコマンドマクロをもう少し分かりやすくする為に、どんな書き方が出来るのかを考えてみましょう。

この投稿の続きを読む »

Enterの役目を果たす特殊文字

オートキャド(AutoCAD)のコマンドマクロで活用する特殊文字にはどんなものがあるのか。

前回はとりあえず特殊文字を一覧で表示して、簡単な説明をしながら一気に紹介してみました。

まあ数としてはそれほど多くはないんですけど、半分くらいは意味が良く分からない説明だったかも知れません。

私もあまり使っていない特殊文字があったし、説明をする為に調べて初めて知った特殊文字すらありました。

へぇ、こんな特殊文字があるのか……まあ使わないけど、みたいなヤツが幾つかあって、良い勉強になりましたよ。

説明をしている私がそんな状態なのだから、全部をきっちりと知っておく必要はない、というのがよく分かると思います。

広く浅くという感じで全部知るのではなく、よく使う重要な特殊文字だけ、しっかりと使い方を押さえておけばOK。

いわゆるビジネス書と呼ばれる本を読んだりすると、結構な確率で「8:2の法則」という言葉が出てきます。

企業全体の8割の売り上げを2割の社員が生み出している、とか、そういう感じの言葉だったと記憶しています。

コマンドマクロの特殊文字もそれと似たような話で、2割の特殊文字が全体の8割分の仕事をしている、という感じです。

と言うことで、前回紹介した特殊文字の中から、よく使うから覚えておいた方が良いモノを紹介していきます。

この投稿の続きを読む »

コマンドマクロの特殊文字一覧

コマンドマクロの特殊文字とは、通常のキー入力ではなく、ちょっと特殊なキー入力をする為に用意された文字です。

例えば「Enter」キーを入力するとか、「Esc」キーを入力するなどは、そのままキーの名前を入力してもダメなんです。

それでは、キーボード上で「Enter」と入力しただけの話で、オートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行することは出来ません。

 

実行出来ない例

 

上図のような結果になる例については前回紹介しましたから、今回はそんな特殊文字の一覧を紹介します。

今回紹介するのは特殊文字の一覧で、よく使う特殊文字も、そうでもない特殊文字も並べて書いています。

この中でよく使う特殊文字については、後で改めて使い方を紹介しますが、まずは一式とその効果をサラッと見ていきましょう。

この投稿の続きを読む »

コマンドマクロの特殊文字とは何か

コマンドマクロを使いこなす為には、カスタマイズしたボタンがどんな動きをするのかをコントロールする必要があります。

そしてコマンドの流れをコントロールするのが、コマンドマクロの特殊文字たちということになります。

それを前回は紹介しようとして、結局は自分用にオートキャド(AutoCAD)をカスタマイズをする理由などを書いてしまいました。

まるで酔っぱらった人が同じ話を繰り返すように、何度も同じような事を書いている気がするんですが……

まあそれはともかく、特殊文字の話に戻ります。

コマンドマクロのサンプルを以前紹介しましたが、もう一度サンプルを出してみましょう。


^C^C_-LAYER^MS^M0^M^M


今回は、上記コマンドマクロの中で特殊文字がどこにあるのか、赤い色をつけて表現してみました。

それ以外の文字は、オートキャド(AutoCAD)上でキーボードから本当に入力する文字です。

特殊文字と普通の文字の違いと使い方を覚えれば、コマンドマクロの初級はクリアすることが出来るはず。

……ということで、今回こそコマンドマクロで利用出来る特殊文字についての話をしていくことにします。

この投稿の続きを読む »

自分流のやり方を磨くということ

オートキャド(AutoCAD)のコマンドをある程度自由に組み合わせることが出来るコマンドマクロ。

前回はその基本的なルールと、使うことによってどんなメリットがあるのかについて考えてみました。

カスタマイズをする際には、コマンドマクロの基本ルールを掴んでおくことが非常に重要になってきます。

考え方はそれほど難しくはないはずですから、まずは基本をしっかりと押さえておきましょう。

やり方さえ覚えてしまえば、あとはそれを自分の中でどう活用していくか、アイデアを出すだけになりますから。

まあアイデアが一番難しいという話もありますけど。

コマンドマクロの基本的な考え方を押さえた後は、実際にカスタマイズをする際に必要な情報を覚えておきましょう。

ということで、今回はコマンドマクロを設定する際に使うことになる、特殊記号を一式紹介します。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ