リボンを非表示にしてツールバーを表示させる方法

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の操作手段のひとつ「ツールバー」について色々と説明をしていきます。

しかしその前段階の話として、オートキャド(AutoCAD)の初期設定ではツールバーが表示されていません。

これはバージョンにもよりますけど、これを書いている今現在では、余程古いバージョンではない限りは「リボン」が標準になっています。

リボンが一番便利なのか、それともツールバーが便利なのかという話は人によって違うのでなんとも言えません。

ただ、今回はツールバーをテーマにして色々と書いていきますので、まずはツールバーが表示されていないと話が進みません。

なので、最終的にどういう操作方法を選ぶのかはさておき……

今回はとりあえず、ツールバーを表示させるやり方について、簡単に説明しておこうと思います。


■ワークスペースで切り替え

オートキャド(AutoCAD)の画面上にツールバーを表示させる方法は、やってみると非常に簡単です。

そして、イヤだと思ったらすぐにリボンに戻すことが出来て、この操作も同じように簡単です。

なので、結局はどういう操作を選ぶのかは後で考えることにして、今回はツールバーを表示させてみます。

ここで使うのは「ワークスペース切り替え」という機能で、オートキャド(AutoCAD)の画面右下のあたりにボタンがあります。

 

ワークスペース切り替え

 

この歯車みたいなボタンをクリックすると、あらかじめオートキャド(AutoCAD)が用意している設定が幾つか表示されます。

 

ワークスペースの一覧表示

 

初期設定のリボンは「製図と注釈」という項目になっていて、これが最初は選択されている状態です。

 

■とりあえずツールバーに変更

上から2番めと3番めは3D絡みなので、今のところはあまり使うことのないワークスペースだと思います。

ツールバーを表示させたい場合には、上から4番めの「AutoCADクラシック」を選択します。

そうすると、この画面が……

 

オートキャド(AutoCAD)のリボン

 

こんな感じの画面に変わってくれます。

 

オートキャド(AutoCAD)のツールバー

 

クラシックという表現が微妙に気になりますけど、これでオートキャド(AutoCAD)の操作画面がツールバーになりました。

もちろんこれは単純にツールバーのスタートラインに立っただけの話で、これから自分の好みに設定をしていく必要があります。

その基本的な方針はシンプルです。

・使わないボタンは表示させない

・便利なボタンを作成する

これを一通り見なおしておくと、オートキャド(AutoCAD)の操作が1段階進歩したように感じると思います。

そういう気分を味わって頂く為に、次回からツールバーの設定について色々と書いて行きますね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ