やり方は色々あるけれど

あまり具体的な手段などの話をしないまま、「カスタマイズに必要なのは……」みたいな話を結構長いこと続けてきました。

もちろん基本的な考え方というのは大事なんですけど、実際にはそういう能書きだけでは仕事が進みません。

オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズとは、とか言ってるだけで済むような仕事だったら楽なんですけどね。

でも実際には自分の手を動かして、いかに効率よく図面を完成まで持っていくかを考える必要があるんです。

効率よく図面を完成させる為には、出来るだけオートキャド(AutoCAD)をスムーズに使う方が楽。

だから自分の好みに合わせたカスタマイズがあると良い。

そんな流れになるから、当然カスタマイズも単なる理想的な話をするだけでは全くの無意味というものです。

そうならないように、これからもう少し具体的な話をしていくことが出来れば、と思っています。

話が長くてまわりくどいのは、別に引き延ばして書いている訳ではなく、単純な実力不足が原因です。

そんな訳で、長い話も時々あるかも知れませんが、もう少しお付き合い頂けると嬉しいです。


■ベストの方法は1つではない

オートキャド(AutoCAD)を操作する主な手段として、マウスを使う方法とキーボードを使う方法がある、という話を以前取り上げました。

実際の話、マウスでもキーボードどちらのやり方を使っても、普通に図面を描いていくことは出来ます。

オートキャド(AutoCAD)を実際に操作する人の好みもあるので、「キーボード以外は認めない」みたいなことを言うつもりはありません。

現実として、私が知っているオートキャド(AutoCAD)のプロは結構いますけど、本当に様々なやり方で操作してますから。

多分皆が「自分のやり方が一番便利だ」と思っているはずで、私もその中の一人という訳です。

私が知る限りでは、自分とは違う様々なやり方をしている人がいて、それでも操作が速い人は結構います。

その事実は、私が良いと思っている操作以外にも、効率の良い操作方法は色々とある事を意味しています。

でも、そうした幾つかある効率の良いやり方の中には、私が早いと思っているやり方も入っているはず。

様々な選択肢のひとつとして、当サイトがお勧めするやり方を検討する価値はあるんじゃないかと思ってます。

まあ実際のところ、オートキャド(AutoCAD)ユーザー全員が私と同じやり方で効率よく使いこなしたら……

私の操作スピードは全く平凡なものになってしまうので、そうなるのは困るというのが本音ではあります。

そんなことはあり得ないから、別に心配はしてませんけど。

 

■作業効率を無視は出来ない

マウスとキーボードのどちらを使っても、それは個人の好みと慣れの問題なので、どちらかを強制することは出来ません。

これは確かに正論ですよね。

だけど個人の好み云々を言う前に、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている以上、作業効率を無視することは出来ません。

誰だって仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っていて、それで会社や自分に利益をもたらさなければいけません。

それが出来なければ仕事とは言えず、仕事でなければプロとしての報酬を受け取ることも出来ません。

これは非常に重要なことです。

例えば「僕はキーボードを使うのが好きなので、操作は全部キーボードからフルにコマンドを打ち込んでます」などと言う人がいたら……

私は多分「そういう無駄なポリシーは必要ない」とか「趣味でやってるなら文句は言わないけど」とか言うでしょう。

明らかにダメなやり方を選んでいるのに、そのやり方を誇るというのは、やはりプロとしてあり得ませんからね。

オートキャド(AutoCAD)のプロであれば、どんなやり方を選ぶにしても作業効率を考える必要があります。

そうして作業効率を考えていくと、それぞれの特徴を生かした「良いとこ取り」が良いんじゃないか。

そんな結論に至ることになる訳です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ