コマンドマクロの特殊文字とは何か


コマンドマクロを使いこなす為には、カスタマイズしたボタンがどんな動きをするのかをコントロールする必要があります。

そしてコマンドの流れをコントロールするのが、コマンドマクロの特殊文字たちということになります。

それを前回は紹介しようとして、結局は自分用にオートキャド(AutoCAD)をカスタマイズをする理由などを書いてしまいました。

まるで酔っぱらった人が同じ話を繰り返すように、何度も同じような事を書いている気がするんですが……

まあそれはともかく、特殊文字の話に戻ります。

コマンドマクロのサンプルを以前紹介しましたが、もう一度サンプルを出してみましょう。

^C^C_-LAYER^MS^M0^M^M

今回は、上記コマンドマクロの中で特殊文字がどこにあるのか、赤い色をつけて表現してみました。

それ以外の文字は、オートキャド(AutoCAD)上でキーボードから本当に入力する文字です。

特殊文字と普通の文字の違いと使い方を覚えれば、コマンドマクロの初級はクリアすることが出来るはず。

……ということで、今回こそコマンドマクロで利用出来る特殊文字についての話をしていくことにします。


■コマンドマクロの特殊文字

コマンドマクロの特殊文字というのは、通常のキー入力ではなく、少し特殊なキー入力の組み合わせを実行する役割を持っています。

特殊なキー操作と言っても、別に複雑で難しい訳ではありません。

単純にキー入力を文字で表現出来ないから、仕方なく特殊な記号を使っている、という認識でいればOKです。

例えば、オートキャド(AutoCAD)でコマンドを実行する際には、必ずコマンドを入力した後で「Enter」を押す必要がありますよね。

この「Enter」をコマンドマクロに記入しないとコマンドが実行されない訳ですが、これをどう表現するのか。

普通にEnterと記入しても、それはキーボードで「Enter」と入力することになってしまいます。

だから「Enter」とキー入力する行動と、実際に「Enter」ボタンを押す行動を区別する必要がある。

これが特殊文字の存在理由です。

 

■特殊文字を使わないで頑張っても……

今回はもう少し具体的な例として、以前紹介したシンプルなコマンドマクロを使ってさらに説明をします。

^C^C_erase

これが削除コマンドのコマンドマクロです。

キーボードから削除コマンドを実行する際には「ERASE」と入力した後で「Enter」を押せばOKですよね。

だけど、Enterを押せばOKだからと言って、コマンドマクロがこうなる訳じゃないです。

^C^C_eraseenter

試しにこれでコマンドマクロを作成してみました。

 

コマンドマクロのダメな例

 

こうして作成したボタンをクリックすると……

 

コマンドを実行した結果

 

まあこうなります。

ちょっと当たり前すぎる例を出してしまいましたが、Enterキーを入力するなどの操作は、普通の文字では難しいということです。

その為にオートキャド(AutoCAD)は特殊文字をがある、ということを踏まえて次回は特殊文字の一覧を紹介します。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ