ツールバーに設定するコマンドの例-1


さて、オートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する手段のひとつとして、ツールバーについて今まで色々と説明をしてきましたが……

そろそろツールバーについての話はまとめておき、もっと別のやり方の話題に進むタイミングかも知れません。

オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズで私が伝えたいのは、ツールバーの設定方法だけではありません。

もちろんツールバーの使い方も大事ですけど、仕事で効率よく使う為には、もっと進んだやり方を勧めたい。

そう思っています。

そうした話をする為には、まず基本知識として、ツールバーのカスタマイズを知っておく必要がある訳です。

ツールバーを便利にカスタマイズするだけでも充分に便利ですが、もっと効率の良いやり方もあるので……

ということで、今回はツールバーに設定しておきたいコマンドの種類を、大まかな分類と一緒に紹介をしておこうと思います。

そして、その具体的な例も合わせて紹介するので、ツールバーのカスタマイズをする際の参考にして頂ければ嬉しいです。


■ツールバーに配置するコマンド

ツールバーに設定しておきたいコマンドの種類は、大きく分けて以下のような3種類のコマンドがあります。

1.クリックするとさらにメニューが出るコマンド

2.頻繁には実行しないけど重要なコマンド

3.コマンドマクロを使用してカスタマイズしたコマンド

これらのもう少し詳しい説明と、具体的なコマンドの例について、これから個別に説明をしてみます。

 

●クリックするとメニューが出るコマンド

まあこれは読んだ通りの意味でしかないんですけど……

マウスをクリックするとメニューというか一覧が出て来て、そこからさらにクリックが必要なコマンド。

そういうコマンドはキーボードで代用することが難しいので、積極的にツールバーへ配置するべきです。

例えば、画層切り替えとか現在の色や線種の切り替えなど、オートキャド(AutoCAD)が用意している設定を切り替える機能。

 

さらにクリックが必要なコマンド

 

これらは表示される一覧からマウスを使って選ぶ方が、単純で分かりやすい場合が結構あります。

 

●頻繁には実行しないけど重要なコマンド

これも読んだ通りですが、作図系のコマンドみたいな頻度で実行はしないけど、もっと重要なコマンド。

まあ要するにファイル操作系のコマンドなどで、もっと具体的な機能を挙げていくと、以下のようなコマンドです。

・上書き保存

・名前を付けて保存

・開く

・元に戻す

・やり直し

・印刷プレビュー

・印刷

・名前削除

これらのコマンドはそれほど頻繁に使わないので、作業効率だけを重要視しなくても良いんじゃないかと思います。

キーボードの場合は押し間違いが怖いので、多少時間が余分に掛かったとしても、確実に実行したいコマンド。

そういうコマンドを実行する際には、ボタンをクリックする操作の方が確実、という考え方です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ