自分用のツールバー作成手順

今回はひとまず自分用のツールバーを作成する具体的な手順を、画像を交えて説明していきます。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に、よく使うコマンドを選んで表示させる。

これがカスタマイズの第一歩ですが、その前にまずは自分用のツールバーを作成する、という流れです。

その前に、前回やってみた「全部のツールバーを表示させた状態」を元に戻さないと……

と思って作業していたら、どういう訳かクイックアクセスツールバーのボタンが全部消えてました。

 

クイックアクセスツールバーが全部消えてる

 

なんでだろう。

ツールバーを全部表示させた時に何か変なことをやってしまったのか、ちょっと原因が分からないので何とも言えませんが。

まあ些細な事だから気にしない事にして、自分用のツールバーをまずは作成してみましょうか。


■カスタマイズ画面を開く

まずはオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズ画面に進む為に、メニューバーから「ツール-カスタマイズ-インターフェイス」を選択します。

 

カスタマイズの選択

 

この操作で表示されるカスタマイズ画面では、大抵のカスタマイズが出来ますので、何度も開くことになるはず。

説明が必要になるほど難しい操作でもないですけど、まずはこの手順をキッチリと覚えておきましょう。

そうするとこういうダイアログBOXが表示されます。

 

カスタマイズ画面

 

このカスタマイズ画面は全部で3つに分かれていて、大体以下のような役割分担になっています。

左上:カスタマイズの分類画面

左下:コマンド一覧表

右側:コマンドやツールバーのプロパティ

この中でツールバーを作成する操作は、左上にあるカスタマイズの分類画面の「ツールバー」から設定をします。

 

■新規ツールバーの作成

カスタマイズ画面左上にある項目の中から「ツールバー」を選択すると、あらかじめ用意されているツールバーが一式表示されます。

でも今回は新しくツールバーを作成するので、ひとまず「ツールバー」という文字の上で右クリックします。

 

ツールバーの新規作成

 

そうすると上図のようなメニューが出るので、一番上にある「新規ツールバー」を選択しましょう。

これで「ツールバー1」という名前のツールバーが作成されるはずです。

 

ツールバーが作成された

 

今回の説明はここまでにして、次回はこの後ツールバーの名前を変える事と、そこにボタンを追加していく手順に進みます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ