ドロップダウンボタンを追加する方法

前回はオートキャド(AutoCAD)のリボン画面から、クイックアクセスツールバーにコマンドを追加する方法を紹介しました。

私はあまりリボンを使わないんですけど、クイックアクセスツールバーにコマンドを追加する時だけは使います。

ちょっと変なやり方ですけど、ワークスペース機能もあるので、別に大した手間もなくリボンに切り替えることが出来ます。

こうして考えると、昔に較べてオートキャド(AutoCAD)は便利になったことを実感します。

昔はそれほど便利じゃなかったので、古いバージョンのままで全然OKとか思ってたんですけど……

今は出来るだけ最新のオートキャド(AutoCAD)を使った方が有利だと感じています。

さて、今回はクイックアクセスツールバーのカスタマイズ方法として、ドロップダウンの追加方法を紹介します。


■ドロップダウンとは

ドロップダウンというのは、ひとつのボタンに複数のコマンドを割り当てておいて、クリックすることで切り替えられるボタンを指します。

こういうボタンです。

 

ドロップダウンボタン

 

ボタンのスペースはひとつだけど、その中に移動・回転・複写のボタンが入れ込まれている、というのがドロップダウン。

スペースが足りない時には、こうした機能を使ってボタンを配置していくという手も考えられます。

このドロップダウンボタンの追加は、やっぱり「その他のコマンド」を選択すると出てくる、カスタマイズ画面で行います。

 

カスタマイズの画面

 

■ドロップダウンの追加

カスタマイズ画面を開いた直後はの画面では、実は「すべてのファイル内のカスタマイズ」の内容は隠されています。

上記の部分をクリックすると、各種設定のツリー構造が出てくることが分かります。

ツリー内に「クイックアクセスツールバー」という項目があるので、「+」ボタンをクリックして展開していくと……

 

カスタマイズ画面のツリー表示

 

このように、追加されたコマンドも含めて、コマンドが一覧表示になっていることが分かります。

ここでマウスの右クリックをすると、上から三番目に「ドロップダウンを新規作成」という項目があります。

 

ドロップダウンボタンの追加

 

この項目をクリックすると、クイックアクセスツールバー内に、空っぽの状態でドロップダウンが追加されました。

 

ドロップダウンボタンが追加された

 

ドロップダウンを追加した際には、名前を入力する状態になっています。

分かりやすい名前を付けても良いですし、そのまま初期設定の名前のままでも特に問題はありません。

こうしてドロップダウンを追加してから、その中にコマンドを使いしていく流れになります。

が、ちょっと長くなってしまったので、具体的な操作手順は次回に続きたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ