クイックアクセスツールバーからコマンドを消す方法

前回はクイックアクセスツールバーに追加したいコマンドを、自分で自由に選んで追加するやり方を紹介しました。

前回例に出した名前削除(PURGE)コマンドなんかも、クイックアクセスツールバーに表示しても良さそうな気がします。

滅多に使わないコマンドだけど、かといって全然使わない訳ではなくて、ちょっと重要なコマンド、みたいな存在ですから。

まあどんなコマンドを追加するのかは、オートキャド(AutoCAD)を使う本人が決めれば良いことです。

だからこそ、どんなコマンドでも追加出来るようになっている訳ですから、色々と試してみると良いです。

ただしどんどんコマンドを追加していくと、当たり前の話ですけど、どんどんスペースを圧迫していきます。

なので、追加したけど別に使わなかったな、というようなコマンドは消してしまう事をお勧めします。

追加方法だけを説明したのでは中途半端ですから、今回は追加したコマンドを消すやり方を紹介します。


■コマンドを消す方法

クイックアクセスツールバーに追加したコマンドを、やっぱり消してしまう方法は非常に簡単です。

説明もあっという間に終わってしまうので、わざわざ新しい記事を作る必要があったか心配になるくらい。

追加したコマンドを消すには、まず消したいコマンドまでカーソルを持っていき、そこで右クリックをします。

例えば前回追加した、名前削除(PURGE)コマンドをやっぱり消したいとなった場合はこうです。

 

コマンドの上で右クリック

 

右クリックすると上図のような項目が表示されますから、ここで「クイックアクセスツールバーから除去」を選択します。

ちなみに、上図の選択肢を見て頂ければ分かりますが、ここからカスタマイズ画面に飛ぶことも出来ます。

今回はコマンドを消すのが目的ですから、カスタマイズ画面には進みませんけど、覚えておくと今後の操作がスムーズになりますよ。

ということで、これで名前削除コマンドをクイックアクセスツールバーから消すことが出来ました。

 

コマンド削除完了

 

このように、クイックアクセスツールバーへのコマンド追加も、コマンドの削除も非常に簡単に出来ます。

色々とコマンドを追加してみて、あまり便利じゃなかったらすぐに消す、という試行錯誤が手軽。

これは結構重要なメリットだと私は思います。

あまり大げさにカスタマイズが必要、という感じではないところが良い感じですよね。

オートキャド(AutoCAD)はカスタマイズが面倒、というネガティブな意見も確かにあります。

それを否定出来ない場合も結構あるんですけど、今回紹介したケースでは、それほど面倒じゃないですよね。

こういう手軽に出来る部分から少しずつ慣れていくと、オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズへの抵抗が少なくなっていく。

そんな状況になってくれれば、よりオートキャド(AutoCAD)を便利に使いこなせるようになると思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ