メニューバーの表示方法

リボンを使った操作方法は、視覚的に分かりやすいので、まずは使ってみる方には助かるというメリットがあります。

しかしオートキャド(AutoCAD)を使う方は、ほとんどの場合仕事のツールとして利用します。

要するにプロが使う道具、ということで、果たしてプロがいつまでも分かりやすさを必要とするのか?

これが問題になってきます。

操作に熟練してくるに従って、見やすいけど操作手順が多いという特徴を持つリボンが使いにくくなってくる。

そんな状況になる可能性は結構高いですから、今回はリボンを表示しないようにする為の手順を説明します。


■リボンの先にあるやり方

オートキャド(AutoCAD)の経験を積んでいく中で、親切なリボンをそれほど必要としなくなる。

これは別にデメリットと呼ぶような内容の話ではありませんが、機能の特徴としては恐らく合っていると思います。

分かりやすさとか親切さを重視するのは悪いことではないし、慣れてくると親切さを必要としなくなるのも普通のことですから。

もちろん私の経験から書いているだけですから、多少は偏っている可能性はありますけども……

私と同じように考える方も少しはいるんじゃないかと思います。

簡単に箇条書きをすると、以下のような流れでスキルアップしていくような感じでしょうか。

・最初は分かりやすいリボンを使う

・使う中で操作を覚えていく

・分かりやすさを必要としなくなる

・別の操作方法にシフトしていく

別の操作方法にシフトしていく段階で、やっぱり使い慣れたリボンを選ぶという方もいると思います。

それもまたひとつの選択肢です。

 

■メニューバーの表示方法

操作に慣れてきたのでリボンはもう使わない、という方の為に、画面からリボンを消す方法を紹介します。

まずオートキャド(AutoCAD)を起動すると、このような画面構成になっていると思います。

 

標準的な操作画面

 

もちろんディスプレイのサイズなどによって、アイコンの説明が記載されていたりとか、細かい部分は違うかも知れません。

でも基本的にはこんな感じの構成になっています。

ここでまずは「メニューバー」を表示する為に、画面の一番上に並んでいるアイコンの右側にある▼をクリックします。

そうすると以下のようなメニューがザッと出てきます。

 

メニューバーの表示

 

メニューの下の方に「メニューバーを表示」という項目があるので、そこをクリックすると……

 

メニューバーの表示後

 

このように、リボンの上側にメニューバーが表示されました。

これは昔のバージョンからオートキャド(AutoCAD)を使っている方には、慣れ親しんだメニューだと思います。

私は最近のバージョンを使い始めた時、メニューバーがなくなっていたので、消滅したのかと思って慌てました。

でもこのように簡単な操作でメニューバーを表示することが出来るので、今のメニューに違和感を感じる方は表示させておくことをお勧めします。

あまり画面上のスペースをとるようなメニューでもないですから。

時々表示されていて便利に感じることもあるので、それほど使わなくても表示させておく方が良いんじゃないかと思います。

こうして表示させたメニューバーを利用して、リボンの表示を切り替える手順を説明しますが、これは次回に続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ