まずはLT版を検討してみる

このカテゴリでは、実際にオートキャド(AutoCAD)を使う為に、どんな手段で入手をするかを考えてみます。

どんな手段で入手するか。

こういう書き方をすると、どうも「悪いことをして手に入れてやろう」という雰囲気が出てしまいますが……

もちろんそんな無意味なことはしないで、まっとうに入手をすることを前提にして書いていきます。

オートキャド(AutoCAD)は仕事で使う事になる、相棒と呼んでも良いくらいの存在です。

それをタダで手に入れる、というのは少し都合が良すぎる話ですよね。

そんなことに全力を傾けるよりも、実際に使いこなす方向で努力をする方が、多分効率が良いと思います。

実際にお金をかけて投資をする訳ですから、きっと真剣に覚えようとするのではないでしょうか。

そうして短期間でオートキャド(AutoCAD)を覚えてしまい、それを使ってお金を稼いで購入金額をペイする。

そういう考え方でも良いですよね。


■まずはLTという選択肢

まず、以前も同じようなことを書いた気がしますが、オートキャド(AutoCAD)LTの購入を検討してみます。

確かにレギュラー版よりも機能は落ちますけど、図面を描く為の機能は充分に揃っています。

私の感覚では、中級者を超えるくらいまでは何の問題もなく使うことが出来ると思っています。

ちなみに、オートキャド(AutoCAD)LTはこのくらいの価格で販売されています。

 

オートキャド(AutoCAD)LT

 

いくらレギュラー版に比べて安価だとは言っても、やはりそれなりの出費になりますよね。

というか、値段を毎年調べていますが、どうも年々LTが高額化しているのが気になります。

かなり前の話ですけど、昔は12万円くらいで購入することが出来たはずなんですけどね。

この流れを見ていると、そのうちにLTがラインナップから消えてしまうのではないか、と心配になってきます。

ある程度安価なソフトを販売して、ひとまずシェアを大幅に拡大し、その後少しずつ価格を上げていく。

そんな販売戦略をとっていないことを願ってます。

そんなことをしたら、結局お客さんは離れていき、オートキャド(AutoCAD)は時代遅れになってしまいます。

そうなると、私も別のCADを覚える羽目になるので、出来るだけオートキャド(AutoCAD)には頑張って欲しいものです。

と、少々価格は高いかも知れませんけど、それでも機能を考えるとコストパフォーマンスは高いと思いますよ。

■サブスクリプションについて

オートキャド(AutoCAD)LTを買うのなら、年間3万円ちょっとのサブスクリプションに入った方が良いと思います。

新しいバージョンを常に使い続けることが出来ることと、気軽に質問が出来るということ。

これらのメリットを考えると、この固定支出は全然アリなので、少なくとも検討してみる価値はあると思います。

実際にやってみるとよく分かりますが、操作の質問をするのは意外に大変なことなんです。

自分が全く何も分からないことについては、相手に質問をすることすら出来ないですから。

何が分からないのかを整理して、自分が今何を知りたいのかを相手に示す。

質問にはその一連の作業が絶対に必要です。

しかしそれを実際にやろうとすると、ある程度ソフトを使い込まないと出来ない、ということに気が付きます。

質問をする為に、自分で分からないコマンドを色々と使ってみて、結局分からない場合に質問をぶつける。

それを繰り返していくと、かなりのスピードで知識が増えていきますから、ぜひサブスクリプションを活用してみましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ