LT版をお勧めする理由

オートキャド(AutoCAD)には、ある程度機能が限定されるものの、価格面で有利になる「LT」という商品があります。

機能が限定されるとは言っても、限定されるのはあくまでも応用的なレベルで用意された機能のみ。

基本的な機能が使えなくなる訳ではないので、ごく普通に図面を描くにはほとんど不自由しないと思います。

そうした性質から考えると、これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようと考えている方にお勧めですね。

恐らく最初からレギュラー版のオートキャド(AutoCAD)を使っても、完全に使いこなすレベルにはなかなか到達しないはず。

少なくとも私もそうでした。

であれば、最初は安価で必要充分な機能を持ったLTを使うという選択肢が現実的ではないかと思います。

ということで、今回はそんなオートキャド(AutoCAD)LTをお勧めする幾つかの理由を挙げていきます。


■価格が安い

オートキャド(AutoCAD)LTは、どこで購入するかによって微妙に違いますけど、15万円前後で購入出来るソフトです。

15万円と言っても「安い」となる程の価格ではありませんが、それでもレギュラー版に比べてずいぶん安いですよね。

基本的にこうしたソフトは会社が用意するものですから、個人で購入する方はごくわずかだと思います。

しかし会社に購入をしてもらうにしても、50万円のソフトと15万円のソフトでは、15万円のソフトの方が買ってもらいやすいですよね。

ただ、最近のオートキャド(AutoCAD)には「サブスクリプション」というサービスがあって、それをどうするかを考えておく必要があります。

毎年バージョンアップをして使っていくのなら、サブスクリプションに入った方が良いと思います。

でも、購入した当時のバージョンを使い続けるつもりなら、恐らくサブスクリプションに入らない方が得です。

毎年かかる費用などをしっかりと検討しておき、どうするかの方針を決めておくことをお勧めします。

そのあたりの固定支出はありますが、ソフトとしての完成度を考えると、15万円という価格は良心的ではないかと思っています。

■機能について

ライト版みたいな「LT」という名前がついていますが、そこはやはりプロが仕事で使うCADです。

一般的な図面を作図する為に必要な機能は全て揃っていますし、機能がないなどの理由で不便を感じることはほとんどありません。

しっかりと使いこなすことが出来れば、LTでも充分にプロとしての仕事をすることが出来ます。

少なくとも私のまわりには、「LTの機能が足りないから仕事がはかどらない」と嘆いている人はいません。

その逆で、ある程度機能を制限されているはずのLTであっても、完全に使いこなすことが出来ない人を良く見ます。

そういった人がレギュラー版を使っても、きっとLTを使っている時と同じ機能を使うんじゃないかと思います。

これは別に悪口を書いている訳ではなく、それだけLT版の機能が充分に備わっている、ということを書きたいんです。

LTの機能に不足を感じるようであれば、それは相当オートキャド(AutoCAD)を使いこなしている状態です。

そこまでのレベルに達したら、レギュラー版の購入を検討しても良いのではないかと思います。

■大は小を兼ねるけど

私がオートキャド(AutoCAD)のレギュラー版ではなくて、LTをお勧めする理由は分かって頂けたでしょうか。

もちろん「大は小を兼ねる」訳ですから、LTで出来ることはレギュラー版でも出来ます。

そういう意味では、価格を考えなければ最初からレギュラー版を買うのがベストだとは思います。

ただ、どんなビジネスであっても「コストのことを考えなければ」という前提などあり得ません。

少ないコストで同じ効果を得られるのなら、迷わず低コストの商品を選ぶ、というのが正解。

オートキャド(AutoCAD)LTでも充分ではないか、と考えるのには、そうした理由があるんです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ