キー入力の内容と特殊文字の活用


ストレッチコマンドを実行した後、通常は自由にオブジェクトを選択出来る状態になりますが、ここで自動的にポリゴン交差窓選択状態にする。

コマンドマクロを使うことによってそれが出来れば、作業の効率が良くなる場合があるかも知れない。

そんな期待を込めて、サンプルのコマンドマクロ作成の手順を前回は説明しました。

まずは操作の流れを確認して、その手順の中からコマンドマクロで操作するところまでキー入力を確認する。

前回の説明ではそこまで話が進んだので、今回は引き続き、実際にキーボード入力を書き出してみることにします。

この投稿の続きを読む »

まずはコマンドの流れを掴んでおく


前回は、試しに自分で作成してみるコマンドマクロのサンプルとして、こんな感じの機能を紹介しました。

・ストレッチコマンドを実行した際にポリゴン交差選択するコマンド

・原点(0,0)を基点にした基点コピー

これくらいシンプルなコマンドマクロであれば、割と手軽に自分で作ってみることが出来ます。

この手軽さを味わう為には、オートキャド(AutoCAD)を使う自分自身にある程度の知識が必要です。

それが手軽じゃないから、コマンドマクロを自分で作るのは大変なのに……という意見もあると思います。

しかし逆に言うと、そうした知識があれば、色々なコマンドマクロの可能性を自分で試してみることが出来るということ。

必要な知識のハードルはそれほど低くはありませんが、かと言ってとんでもなく難しいわけでもありません。

覚える価値のある知識だと思いますので、積極的に覚えて自分で試してみることをお勧めします。

こういうのは自分でやるのが一番楽しいものですから。

と言うことで、今回はストレッチコマンドにやや便利な機能が付いたみたいなコマンドを作ってみましょう。

この投稿の続きを読む »

自分でコマンドマクロを作ってみる


オートキャド(AutoCAD)のコマンドマクロでよく使われる特殊文字について、今まで簡単に説明をして来ました。

本当に代表的なものだけの説明でしたが、このあたりまでを知っていると、ある程度自分でもコマンドマクロを作ることが出来ます。

もちろんそれほど高度なマクロではなく、毎回自分でキーボードから入力している作業を自動的にやってもらう程度のものです。

しかしそれでもオートキャド(AutoCAD)の操作が効率化されて便利になることは間違いありません。

どうしても勘違いしてしまいがちなんですけど、複雑で難しい設定を覚えることが便利さと直結する訳ではないんですよね。

そう言う意味では、割と簡単に覚えられて、しかも効果的なコマンドマクロを覚えるのは、かなりメリットが大きいんじゃないか。

私はそんなことを考えています。

まあ確かにコマンドマクロは最初とっつきにくいですけど、それをクリアすれば後はそれほど難しいものではありません。

最初から順番に読んできて、今これを読んでいるのであれば、最初のハードルは既にクリアしているはずです。

そんなコマンドマクロへの理解をもう少し深くするために、今回は実際にアイデアを出してオリジナルのマクロを作ってみることにします。

この投稿の続きを読む »

コマンドマクロのサンプル・後編


ブロック挿入を自動で行う為のコマンドマクロをサンプルとして紹介して、実際にコマンドがどんな流れになっているのか。

前回はそれを説明している途中、ブロック挿入位置を画面上から入力する為、ユーザー入力待ちの特殊文字を使ったところまで紹介しました。

今回はその続きということで、コマンドマクロを最後まで実行する流れを説明していきたいと思います。

まずはサンプルのコマンドマクロがこちらです。

 

^C^C_-INSERT;sample;¥;;¥

 

色をつけたところまでは前回紹介したので、今回は色が付いていない部分の説明になります。

この投稿の続きを読む »

コマンドマクロのサンプル・前編


前回は、コマンドマクロの特殊文字の中で、ユーザー入力待ち状態を作る特殊文字「¥」を紹介しました。

具体的にはどう使っているのか、ということで、サンプルのコマンドマクロもあわせて紹介しました。

^C^C_-INSERT;sample;¥;;¥

このコマンドマクロの中で、ユーザー入力待ち状態がどのように使われているのかを理解すればOKです。

きっと別のコマンドマクロを自分で作成する時にも、きちんとユーザー入力待ち状態を活用出来るはずです。

このユーザー入力待ち状態の考え方は、コマンドマクロをマスターする為にどうしても覚えておきたい部分。

ちょっと面倒ではありますが、ぜひここで覚えて頂きたいと思ってます。

ということで、今回はコマンドの具体的な流れと、コマンドマクロの流れを実際に追いかけてみることにしましょう。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ