原点を基点にした基点コピーの作成


前回はサンプルのコマンドマクロとして、ストレッチを実行した後、自動的にポリゴン交差窓を指定するコマンドを作成してみました。

基本的なコマンドの流れを確認して、それをキー入力に置き換えて、特殊文字を使ってコマンドマクロを作成する。

コマンドマクロを自分で作る時の手順としては、こんな感じでやっていけば特に大きな問題はないと思います。

もちろん最初は戸惑うことも多いかも知れませんけど、それはもう慣れるしかない種類の戸惑いです。

とにかく色々なコマンドマクロを作ってみて、大して役に立たなかったなどの失敗を重ねて慣れていくしかありません。

と言うことで、コマンドマクロの作成に慣れる為にも、手順の説明をもう1種類のコマンドでやってみることにします。

オートキャド(AutoCAD)のコマンドには「基点コピー」と呼ばれる機能があります。

これは、別のオートキャド(AutoCAD)データであっても、基準点を決めてコピーペースト出来るという結構便利なコマンドです。

その基準点を強制的に原点(0,0)に設定する、というコマンドマクロを今回は作ってみましょう。


■基点コピーの流れを確認

まずはオートキャド(AutoCAD)で基点コピーを実行した際の、コマンドの流れを確認してみましょう。

1.実行中のコマンドをキャンセル

2.基点コピーコマンドの実行

3.基点を指定

4.オブジェクトを選択

5.クリップボードにコピー完了

基点コピーコマンドの流れはこれで完了で、基点を指定する際にキーボードから座標(0,0)を入力するようになります。

このコマンドマクロだけでは、単純に選択したオブジェクトをクリップボードにコピーするだけになります。

それから貼り付けるコマンドを実行する必要があるので、このコマンドマクロだけではちょっと不完全かも知れません。

この基点コピーコマンドとセットにして、原点(0,0)を基点にして貼り付ける為のコマンドもあった方が便利ですね。

 

■キー入力に置き換えてみる

コマンドマクロを作成していくと、このように「こんなコマンドもあった方が良いかも」というアイデアが結構出ます。

そういうことを考えること自体で、かなりオートキャド(AutoCAD)のスキルアップの為には良いことだと思います。

まあそのあたりの話は後で考えるとして、今回はそんな基点コピーのコマンドを実際のキーボード入力に置き換えてみましょう。

1.実行中のコマンドをキャンセル → 「Esc」+「Esc」

2.基点コピーコマンドの実行 → COPYBASE+「Enter」

3.基点を指定 → 0,0+「Enter」

4.オブジェクトを選択 → 画面上から選択

5.クリップボードにコピー完了

オブジェクト選択が最後になって、それはマウスで操作することになるので、手順としては1~3までをコマンドマクロにする感じです。

今回も割とシンプルなコマンドマクロになりそうです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ