コマンドマクロの特殊文字一覧


コマンドマクロの特殊文字とは、通常のキー入力ではなく、ちょっと特殊なキー入力をする為に用意された文字です。

例えば「Enter」キーを入力するとか、「Esc」キーを入力するなどは、そのままキーの名前を入力してもダメなんです。

それでは、キーボード上で「Enter」と入力しただけの話で、オートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行することは出来ません。

 

実行出来ない例

 

上図のような結果になる例については前回紹介しましたから、今回はそんな特殊文字の一覧を紹介します。

今回紹介するのは特殊文字の一覧で、よく使う特殊文字も、そうでもない特殊文字も並べて書いています。

この中でよく使う特殊文字については、後で改めて使い方を紹介しますが、まずは一式とその効果をサラッと見ていきましょう。


■コマンドマクロの特殊文字

オートキャド(AutoCAD)が用意している、コマンドマクロで使える特殊文字は以下の通りです。

当サイトでは少しでも読みやすいように、以下のリストを全角で記入しますが、通常は半角入力になるのでそこだけは注意です。

 → [Enter]を入力

^M → [Enter]を入力

^I → [Tab]を入力

[空白スペース] → スペースを入力
(コマンド後のスペースは[Spacebar]キー入力)

 → ユーザ入力の要求状態をつくる

 → UNDEFINE[名前削除]コマンドによって無効にされている組み込み AutoCAD コマンドでも使用できるようにします

_ → 後続のコマンドとオプションを翻訳

=* → 現在のトップレベルのイメージメニュー、プルダウンメニュー、またはショートカットメニューを表示

*^C^C → 別のコマンドが選択されるまでコマンドを繰り返し

 → 条件付きDIESELマクロ式($M=)を導入

^B → スナップのオン/オフを切り替え([Ctrl]+[B])

^C → アクティブなコマンドをキャンセル([ESC]と同等)

^D → UCSのオン/オフを切り替え([Ctrl]+[D])

^E → 次のアイソメ平面を設定([Ctrl]+[E])

^G → グリッドのオン/オフを切り替え([Ctrl]+[G])

^H → バックスペースを入力

^O → 直交モードのオン/オフを切り替え

^P → MENUECHOのオン/オフを切り替え

^Q → すべてのプロンプト、ステータスリスト、プリンタへの出力をエコー([Ctrl]+[Q])

^R → コマンドのバージョン対応のオン/オフを切り替え

^T → タブレットモードのオン/オフを切り替え([Ctrl]+[T])

^V → 現在のビューポートを変更

^Z → コマンドの終端での[Spacebar]の自動追加を抑止する null文字として使用

特殊文字に関してはこんな感じで、途中には読んでも意味不明な特殊文字もあったかと思います。

でも、実際にはそこまで意味不明な特殊文字は使わないので、次回はよく使う特殊文字とその使い方を解説していきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ