コマンドマクロとは何か?


このカテゴリで取り上げるのは「コマンドマクロ」です。

オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズをする際に、覚えておくと非常に便利なコマンドマクロ。

ようやくこのあたりの話について説明出来るところまで進んできた……ということで、ちょっとした達成感があります。

コマンドマクロの説明は今からなのに、ここで達成感を感じてどうするのか、という話ですよね。

だけど確かにここまで結構長くかかったので、ようやくここまで来たのかという気持ちにはなります。

とまあそんな私の気持ちはさておき……

まずは「コマンドマクロって何なの?」というあたりの話から、少しずつ話を進めていこうと思います。


■コマンドマクロとは

コマンドマクロとは、オートキャド(AutoCAD)を自分用にカスタマイズする際につかう機能のひとつです。

オートキャド(AutoCAD)では、ツールバーの配置を自分で設定することが出来ます。

そのあたりを整理することによって、作図の効率が上がっていき、より便利に使いこなすことが出来るようになります。

さらには、ツールバー内のボタン配置だけではなく、自分で考えたオリジナルのコマンドを作成することも可能。

もちろんオリジナルとは言っても、オートキャド(AutoCAD)側が用意しているルールに沿ったものですが。

それでも、自分で任意にコマンドの実行をコントロール出来るというのは、非常に魅力的な機能ではないかと思います。

ということで……

コマンドマクロというのは、オリジナルのボタンを作成した際に、そのボタンがどんな動きをするのかを表すものです。

例えばツールバーの中にある削除ボタンの中身はこうなってます。

 

コマンドマクロの一例

 

上図に印を付けたところに「マクロ」とありますが、ここがコマンドマクロということになります。

 

■まずはツールバーから

コマンドマクロを詳しく知っていると、オートキャド(AutoCAD)が初期設定で用意していないような機能を作ることも出来ます。

また、基本的なオートキャド(AutoCAD)のコマンドを組み合わせたボタンを作ることも可能です。

カスタマイズの巾が広いので、図面を編集する際の作業が場合によっては大きく効率化出来るかも知れません。

ただ、コマンドマクロを実際に使いこなす為には、ツールバーのカスタマイズを知っておく必要があります。

ツールバーをカスタマイズする機能で、自分用のオリジナルのボタンを作成することが出来ます。

そのオリジナルボタンの中身を構成するのがコマンドマクロなので、順番としてはツールバーのカスタマイズからです。

ツールバーのカスタマイズについては、ひとつ前のカテゴリーで色々と説明しています。

ツールバーとは何かを考える

まずは上記リンクから読んでいき、まずはツールバーのカスタマイズについて覚えてしまいましょう。

それからこのカテゴリに進む方が分かりやすいですから。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ