クイックアクセスツールバーにコマンドを追加する簡単な手順

前回は、クイックアクセスツールバーに追加したコマンドを消す為の手順を簡単に説明しました。

説明の順番としては最後の方が良かったかな……という気もしますが。

今まで説明してきたやり方が、クイックアクセスツールバーの基本的なカスタマイズ方法です。

だから基本の最後に消し方を説明するのは、別におかしなことでもないということにしておきましょう。

これから幾つか紹介するのは、クイックアクセスツールバーをもう少し便利に使う為の方法です。

ちょっと変わった使い方もありますから、人によってはあまり便利に感じない可能性もあると思います。

でも、知っていて損をする事はないので、今回から少しだけ説明をしてみたいと思っています。


■クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

クイックアクセスツールバーのカスタマイズは基本的に「その他のコマンド」を選択するところから始まります。

 

その他のコマンドを選択

 

この画面です。

 

カスタマイズの画面

 

この画面から、追加したいコマンドを選択して、それをクイックアクセスツールバーにドラッグすれば設定は完了です。

かなりシンプルなカスタマイズの方法なんですけど、今回紹介するのはもう少しシンプルなやり方です。

最初にこちらを説明すれば良かったかな、と思うくらいに。

 

■リボンを使うと簡単

クイックアクセスツールバーにコマンドを追加する方法で便利なのは、リボンの画面から追加すること。

リボンというのは、オートキャド(AutoCAD)をインストールした時に設定されている画面です。

つまり初期設定ですから、そのままリボンを使って仕事をしている方もたくさんいると思います。

コレですね。

 

オートキャド(AutoCAD)のリボン画面

 

このリボンの中から、クイックアクセスツールバーに追加したいコマンドを選んで、決まったらそのコマンドの上でマウスを右クリック。

 

簡単にボタンを追加出来る

 

そうすると、このように「クイックアクセスツールバーに追加」という選択肢が出てくれます。

これをクリックすれば、非常に簡単にコマンドを追加することが出来ます。

また、画層や線種や寸法スタイルなどを選ぶウインドウも、この方法で追加することが出来て、これは結構重宝します。

なので、やろうと思えばクイックアクセスツールバーをこのような状態にすることも出来るんです。

 

コントロール画面を並べてみた

 

あまり並べすぎると見づらくなってしまうし、結局は「クイック」ではなくなるので、あまりたくさん追加するのはお勧めしませんが……

画層コントロールのウインドウあたりは、追加しておくと便利じゃないかと個人的には思ってます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ