学生版のオートキャドはどうか

オートキャド(AutoCAD)を実際に入手する為に、まずは安価なLT版を検討してみる。

初期投資の金額を出来るだけ抑える、という目的で考えると、これはなかなか現実的な選択肢ではないかと思います。

そして実際に仕事で使ってみると、制限されている機能など特に感じないくらい使い勝手の良いソフトであることが分かるはず。

まあこれは私がオートキャド(AutoCAD)を愛用しているから、そう言えるだけかも知れませんけど。

少なくとも、ずっと使い続ければそういう気持ちになるソフトである、ということは間違いありません。

使い慣れた私が言うと、あまり説得力がないかも知れませんけど、なかなか便利なソフトだと思いますよ。

一度実際に、ある程度の期間使ってみることをお勧めします。


■価格の問題は解決していない

ただし。

いくら安価なオートキャド(AutoCAD)LT版と言っても、20万円を超えるソフトを「安いです」とは言えません。

少なくとも私にとっては高額なソフトであって、そう簡単に支払うことの出来る金額ではないです。

オートキャド(AutoCAD)LT版は、これから覚えようと考えている方に特にお勧めしたいCADです。

とか言いつつも、まだ仕事で使っていないソフトにそこまでお金を掛けるのは難しい、ということもよく分かります。

そのソフトを使ってお金を稼ぐことが出来るかは、今のところ全く不透明な訳ですから。

そういうことを考慮すると、オートキャド(AutoCAD)の「学生版」を購入するのもひとつの手ではないか、とも思います。

購入する為に学生証が必要だったり、その使用用途には大きな制限があったりもしますが……

学生版の最大のメリットはその価格の安さにあります。

 

オートキャド(AutoCAD)の学生版

 

通常は60万円程度するオートキャド(AutoCAD)ですが、学生版は1万5千円という圧倒的な安さ。

ここまで安いと、どんな機能制限があるのか、ある程度想像がつくかも知れませんね。

しかし、少なくともオートキャド(AutoCAD)の操作を覚えるという目的を果たすことは出来ます。

■学生版の大きな特徴

学生版のオートキャド(AutoCAD)。

これはまあ当たり前の話ではありますけど、学生の方がオートキャド(AutoCAD)を覚える為に販売されています。

学生の仕事は勉強ですから、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をすることはない、という前提がまずはあります。

だから「安い学生版のオートキャド(AutoCAD)を買って、それを仕事で使ってやろう」などと考えるのはNGです。

当然そんな甘い考えが実行出来ないようになっているので、もしそういう目的で学生版を買ったら損をするだけで終わります。

まあ、だからこそ40分の1程度の価格で販売されている訳ですけど。

単に操作の訓練をする為だけに、オートキャド(AutoCAD)の学生版を購入するメリットはあるのか。

それは人によって様々だとは思いますが、場合によっては充分に使い道があるのではないか、とも思います。

自分でオートキャド(AutoCAD)の「学生版」を購入して、自宅で操作の練習をしてスキルを上げる。

そして、「オートキャド(AutoCAD)を使えます」ということを売りにして仕事に就く。

こうしたパターンならば、学生版を有効に活用していると言えるのではないでしょうか。

仕事で使うオートキャド(AutoCAD)は、これから働く会社が用意するはずですから、それで問題はないはずです。

オートキャド(AutoCAD)を覚える為の選択肢としては、それほど悪くはないと思いますが、いかがでしょうか。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ