オートキャドの簡単な概要

オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズについて解説を始める前に、まずは基本的なお話しから始めてみることにします。

ごくごく簡単ではありますが、オートキャド(AutoCAD)の概要について少しだけお話ししておきましょう。

このサイトを読んでいるということは、恐らくオートキャド(AutoCAD)のカスタマイズについて調べているのだと思います。

ですから、当然既にオートキャド(AutoCAD)を使っている方が大半なのではないか。

そう勝手に想像してます。

だからここで本当に基本的な話を長く書いたとしても、あまり喜ばれないんじゃないかとも思ってます。

そんな訳で、ここで説明する概要は本当に簡単なところだけで終わらせておくつもりです。

別に手抜きとかではなくて。

既に使っている方にオートキャド(AutoCAD)の概要を詳しく説明しても、あまり効果的ではないはず。

とは言っても、さすがに何も概要を説明しないのもちょっと寂しい感じがする、という個人的な考えがあったりします。

という訳で、オートキャド(AutoCAD)の簡単な概要についてお話しをしてみましょう。


■オートキャド(AutoCAD)の概要

オートキャド(AutoCAD)とは、Autodesk社が開発・販売しているCADの商品名です。

CAD(キャド)については既に皆さん知っていると思いますので、ここで詳しく説明をするのはヤメめておきます。

世の中にはたくさんのCADが存在していますが、オートキャド(AutoCAD)はその中の一つということになります。

CADを使って何をするのか。

これはその会社によってそれぞれでしょうけど、基本的には図面を作図するツールとして使われることになります。

まあ図形を自由に作図して文字を入力出来るソフトですから、何も図面だけしか描けない訳ではないですけど……

でも、オートキャド(AutoCAD)が持っている機能をフルに生かすことが出来るのは、やっぱり図面でしょうね。

ちなみにAutoCADの「Auto」というのは、Autodeskという社名からとられています。

決してautomatic(自動的)に動いてくれるCADという訳ではありません。

オートキャド(AutoCAD)の操作は基本的に全て、作図者である人間がやらなければなりません。

…まあ、当たり前の話ですけど。

■有名なCADとして

世の中にはたくさんのCADが存在すると書きましたが、その中でもオートキャド(AutoCAD)は割と有名なCADのひとつに数えられています。

有名なCADだと何か良いことがあるの?という、素朴な疑問を抱く人がいるかも知れませんね。

だけど自分が使っているCADが有名であることは、やはりそれなりにメリットのあることなんです。

何が良いかというと、たくさんの会社がオートキャド(AutoCAD)を使っている、という事実。

これがまずは大きいです。

多くの企業が利用しているということは、つまり色々な仕事を選択することが出来るということになります。

要するに選べる仕事に幅があるんです。

建築系の仕事をしても良いですし、土木の仕事をしても良いですし、機械系の図面を作図してもOK、という幅の広さ。

これこそが、オートキャド(AutoCAD)を使っていることの大きなメリットであると言えるでしょう。

オートキャド(AutoCAD)についての簡単な概要については、このあたりで終わりにしておきます。

次回はオートキャド(AutoCAD)のバージョンについて、これも簡単にですがお話しをしたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ