コマンドを検索して追加する方法

クイックアクセスツールバーに表示させたいコマンドを、自分で自由に追加する方法。

これを前回は説明しましたが、何というか、説明するのは簡単だけど実際にやるのは結構大変だったりします。

その理由はコマンドの多さにあって、膨大な数のコマンドから追加したいコマンドを選ぶのが手間なんです。

まあ「どんなコマンドがあるのかな……」みたいな感覚で、一覧を上から順番に見ていくのもアリですけど。

そういう地道な作業をすると、自分が知らない機能を見つけることも時にはあったりするので、やってみても良いかも知れません。

あくまでも「時には」ですけど、そういう作業は無駄になることは決してないと私は思ってます。

というか、私はそういう作業が結構好きだったりします。

ヘルプのコマンド一覧を上から順番に全部見ていくとか、システム変数一覧を全部読むとか。

……と、私の話は良いとして、今回は具体的なコマンドの追加手順を簡単に紹介してみましょう。

この投稿の続きを読む »

その他のコマンドを追加する方法

クイックアクセスツールバーにボタンを追加する方法はあるけれど、簡単に出来るのはあらかじめ用意されたコマンドだけ。

前回はその簡単な方法を紹介しましたが、正直言って用意されたリストの中には追加したいコマンドがあまりないという現実があります。

これはもう仕方がないことで、デフォルトでどんなコマンドを用意しておくかに正解なんてないのだと思います。

私が考えたリストであれば、私だけは大喜びしますけど、他の方は多分違う反応になってしまうはず。

だからリストの下の方に「その他のコマンド」がある訳です。

こういうユーザーが使いやすいようにカスタマイズ出来るところが、オートキャド(AutoCAD)の良いところ。

「細かすぎて良く分からない」という意見は「色々自由に出来る」という褒め言葉の裏返しなのだと思います。

ということで、今回はクイックアクセスツールバーに他のコマンドを追加するやり方を説明していきます。

この投稿の続きを読む »

クイックアクセスツールバーへのコマンド追加方法

クイックアクセスツールバーは、上書き保存や名前を付けて保存など、ファイル操作を中心に設定すると良い。

もちろんこれは私の個人的な意見ですが、前回はそんな使い方を紹介させてもらいました。

私も一時期は上書き保存を「Ctrl+S」で使っていましたが、作図コマンドと同じような操作というのがしっくり来ませんでした。

また、「元に戻す」コマンドも初期設定の「Ctrl+Z」を使っていて、戻しすぎることが結構ありました。

これはもう慣れというしかない問題かも知れないですけど、しばらく使っても慣れなかったんですよね。

そういう訳で、私はファイル操作関連のコマンドと「元に戻す」「やり直し」、そして印刷コマンドをクイックアクセスツールバーに設定しています。

あとは画層管理系の機能もここに入れていますが、これは現在の画層が何かを知りたいという目的もあります。

このように、クイックアクセスツールバーの並びは自分が使いやすいよう自由に変えられるんです。

今回はその具体的なやり方を説明していきます。

この投稿の続きを読む »

クイックアクセスツールバーの使い方

前回はクイックアクセスツールバーの概要を説明する前に、「なぜお勧めするのか」みたいな話で終わってしまいました。

私はマウスを使うよりもキーボードの方が早いと思うけれど、ボタンを使うならこのやり方ですよ、という話でした。

簡単にまとめると一文になるとか……

まあこれで話が終わってしまったら全然約に立たない話なので、今回からはもっと具体的な話を進めていきます。

まずはクイックアクセスツールバーって何? という話を軽くして、その後どんな使い方がお勧めかという話をします。

その後で、具体的なカスタマイズ方法についての説明をしていければと思っています。

ということで、まずはクイックアクセスツールバーの概要から。

この投稿の続きを読む »

キーボード以外の操作方法として

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の操作方法のひとつ、クイックアクセスツールバーを取り上げます。

クイックアクセスツールバーは、画面にボタンを表示するタイプなのに、作業画面に影響を与えないで済むという特徴を持っています。

画期的な手法! というのは言い過ぎかも知れませんけど、使ってみると結構便利なんです。

まあこのやり方を使った操作が「クイック」かどうかは、正直なことを言うと微妙な気はしますけど……

それでも、操作の中で使い道はある手法だと思いますから、自分好みにカスタマイズする方法をこれから説明していきますね。

私もクイックアクセスツールバーを愛用しているので、少し押しが強い説明になるかも知れませんけども。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ